Top
12月の深大寺散策 - 晩秋~冬~初春??? -
e0148597_2213548.jpg


色鮮やかな紅葉が残っている12月中旬、まだまだ秋のサクサクが愉しめて、こんな感じに私の足が埋まります。そんな神代植物公園の中。

e0148597_223310.jpg


ふっかふっかの絨毯を踏みしめながら母と進む場所は・・・・

e0148597_2235762.jpg


山茶花・『大空』の名前の通り青空によーく映えるのです。この時期愉しめるのは山茶花のコーナーだと。

山茶花だけと思っていたら、気が早い椿も沢山咲いていましたよ。まだまだ秋色が濃かったのに。

e0148597_2261665.jpg


e0148597_2263563.jpg


e0148597_2265759.jpg


此処で苦戦を強いられる場面に遭遇。
椿って白が多いですよね?どうしても光が拡散してピントが合わない^^;
そこが素人の技術力がないところですよね^^; 壁にぶつかって、もうちょっと写真を勉強したくなるところなんです。コンデジでも。もうちょっと工夫次第で思う通りの写真が撮れるようになるのではと。外苑前の銀杏並木の銀杏の色も思った色がでなかったりと、うーーーんと唸ること最近度々。

そんな時間を費やしていたら、資金もそうですが、本業に支障がでそう^^;
根詰めるとそっちばっかりに行く方なので^^;

でも、悔しい。ブロガーさんたちの美しい色やアングルなどを溜息ばかりが出る写真をみてもちょっときれいに撮れたらと思うのですが・・・撮れる時に練習ですね。それから、ちょこちょこ時間を取って、技術も要勉強です。

うーむーと唸りながら、椿と山茶花の森を抜けると、あまーい何とも言えない香りが漂ってきました。
一眼レフを持っている方が沢山群がっているのは・・・・

e0148597_243184.jpg


蝋梅でした。初めてかもです、じっくり蝋梅を観たのは。
香りも初体験でした。こちらも、観賞できるのはお正月か、2月かなぁと思っていたのですが、気が早い子は必ずいるのですね。


e0148597_2451561.jpg


e0148597_2453247.jpg


小指の爪ほどの小さな蝋梅と周りが黄色一緒に染まっている中をまたまたコンデジでピントが合わず一苦労。プラス、蝋梅の花の咲き方は皆下を向いて咲くので、私は屈みながら、膝を付きながら、見上げるように撮るのですが、だんだん首が痛くなってきました。首も痛くなって、ピントを合わせるのに苦労して気持ち的にはイライラ(;一_一) でも、撮りたい画を撮るためにはと結構粘って頑張ってみました。


母も十分堪能していたようですが、一番の愉しみは・・・

此処にもムクロジの木が何本か有ったことを思い出し、連れって行ってみたら・・・
まぁ、落ち葉の下に沢山のムクロジが落ちていました。とはいえ、枝にはまだ実として沢山付いています。
どうやら、去年の物らしく、実は削げ、黒い種が沢山落ちていますが、皆踏まれているためか割れてしまっているのが殆どでした。(休憩所のようにベンチとテーブルがあるので皆どうしても踏まれてしまうのでしょう)

とはいえ、枝を使って落ち葉を分けながら懸命に探している母の姿は、本当に小学生の子供に返ったよう(*^_^*) なんだか、そういう母を観ていると可愛いと思うのです。

e0148597_2205941.jpg


これは、今月の深大寺のムクロジですが、葉が落ちてしまっているのに実はしっかりまだ付いているのです。
もう一本の深大寺内のムクロジは、全て落とされて実は付いていませんでした。
実は、お札の販売所でこのムクロジは、磨かれて清められて、お数珠になって売られています。
そのためでしょう。

もうちょっとしたら、落ちる時期が来るのではないでしょうか?それまで待ってみましょうね。

e0148597_2592121.jpg


こんな真黄色の紅葉も葉を落とさずに、日の光を通しながら愉しませてくれました。

秋と冬と初春と交わった不思議な、感覚の散策でした。

足跡代わりに1日1回ワンクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

もうひとつもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログへ
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2009-12-30 23:55 | 散策・遊び
<< 本年もお世話になりました | ページトップ | ここでなか休み - ぴゃーぽ ... >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin