Top
たかが お散歩 されど お散歩 
今日の天気予報は雪で、出張日であるためドキドキしていましたが、
無事小雨だけで済みましてホッとしています。

この雨も冬のように冷たい雨ではなく、暖かい春の雨を感じることができました。
バスを待っていると、桜並木はいつの間にか色を変え、満開時のあのフワフワした雲の中を歩くような感覚を思い出させてくれました。
もうじき桜の季節を迎えるのですね。時が経つのは早いものです。


スポーククラブに併設するサロンに努めることが長いお陰で、
インストラクターさんやアスリート級の方々の身体を触らせて頂く機会も多かったのですが、
怪我などをされ、リハビリにスポーツクラブに通われる方の身体を触らせて頂く機会も多かったです。

現在もリハビリ代わりに施術を受けてくださる方もいらっしゃいます。

そういうケースの方々のサポートができるのも、今までの経験があったからこそと嬉しく思っております。

外出時に一人で歩くことに抵抗がある方が、今やお友達とご旅行に行かれるなどのお話を伺うと本当に嬉しくなります。ご自身の努力があったからこそのこの形になっているのだと思います。

ご旅行から帰られて、疲れた体を私にゆだねられて施術を受けてくださる時、
「沢山歩いたので疲れたのよ」と伺い、お身体を触らせて頂くと・・・

膝下のふくらはぎや足裏はもちろん沢山筋肉を使って疲労されているのが伺われますが、
太腿の腸ケイ靭帯、大腿四頭筋群、縫工筋、臀部の筋肉まで張っていて、背中の筋肉も張ってるなんて確認できるととても嬉しくなっちゃいます。

「これだけ、多くの筋肉を使ってくれたのですね」 と。

若い方にもアリがちなのですが、膝下だけでボテボテ歩いていると全体の筋肉が使えず衰えていることが多いのです。

部分的に膝下だけで歩くことも可能ですが、身体全部の体重が膝下の筋肉だけに負担がかかるということは、局部の筋肉としては本当に大変。

身体全体の筋肉を使えれば、分散されるので、多くの筋肉には負担がかかりますが、疲労は軽減できるのはご想像できますよね。

怪我を少なくさせるためにも、多くの筋肉を連動させ使えることが大切なのです。

今回のお客様には、それが身体を通して私に伝えてくれました。

ご旅行の途中、疲れてもギブアップされず怪我もなく歩き続けることができ、就寝時に足がツルということもなくご帰宅されたことはとても素晴らしい大きなリハビリになったことでしょう。

施術中、ご旅行の話をされたいご様子でしたが、疲労が取れリラックスされていくのがわかり、ゆっくりとお休みに zzzzz 

その間私は、各筋肉のコリ達に「良く頑張ってくれたね」と語りかけながら施術していきました。
「お客様のお身体を支えて働いてくれてありがとう。疲労である老廃物が早く流れて、しなやかな良質の筋肉に育ってね」と。

トレーニングをされている方はご存知かと思いますが、筋肉量を増やすには軽い筋肉痛程度の運動量が必要です。重度の筋肉痛は多くの筋肉繊維を壊し怪我の元になりますが、軽い筋肉痛は小さな筋肉線維を一旦壊し再生力を高めようと身体は働いて、筋肉量を増やしていきます。

同じトレーニングばかりを行ってくと、量や質によっては破壊が怪我の元になったりもしますが、逆に馴れてしまうと維持もしくは、効率よく筋肉を動かすように働くので筋肉量が増えないため、常に適度なトレーニング量と異なるトレーニングが問われます。

今回のご旅行はまさにそれが問われた物となったのでしょう。
冬の間、天候が悪くあまり散歩に出かけられなかったため筋量は、ちょっと減退気味でしたが、今回のタイミングのご旅行で春の季節を迎えられ、外に出かけらる事を考えたら良い刺激となったと思います。

これからまた、外に出るのが愉しい季節になりますよ~。
リハビリ中の方も、運動不足と感じられている方も、ダイエットを真剣に考えられている方も、春を感じに散歩から始められては。

膝下だけで歩くのではなく、腕を振って重心を上に(胸の辺りに意識、丹田=おへそ辺りでも良いのですが上半身を引き上げると振り子のように下半身への負荷が減ります)、骨盤の上から歩く意識をされると骨盤の中の筋肉も動かされ、代謝も上がりますよ~。もちろん姿勢も綺麗になります^^

足跡代わりに1日1回ワンクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

もうひとつもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2010-03-07 23:58 | セルフケア
<< 「春風」の名の通り、春を伝えに... | ページトップ | パルマローザ が 教えてくれたこと  >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin