Top
アリエッティ な 気分に浸って 

e0148597_2165837.jpg


借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック / セシル・コルベル



先日、ザビ家族と『借りぐらしのアリエッティ』 を、観てきました。


映画の評価は、後ほど記しますね。

TVCMの放送で、耳ついて離れないと皆さん思いますが・・・

2月に正式発表があって、ずっと気になっていた セシル・コルベル



ものすごーく、映画に合っていました。

ケルティック音楽に長く親しんでいる私だからなのか、この映画の世界観に惹き込まれました。

映画を見終えてから、販売所にてセシル・コルベルのCDを買い漁ろうと息巻いて、探していると、ザビが↑のアリエッティのサウンドトラックを先に購入し、貸してくれることになり(ありがとう☆多謝☆)そのほかのセシルのCDは落ち着いて、選んでからでも遅くはないと、落ち着かせました。


ザビから、拝借し、i-tuneに落とし込み、聴いてみると。
このサウンドトラック、1枚のアルバムとして十分評価できます。


全て、セシル・コルベルが作曲し収録したようです。
事前に、ジブリ側と打ち合わせを念密に行い、作成したアルバムですが、映画の編集等の事情によりこのアルバム通りには、映画内では流されてはいません。

とはいえ、このアルバムの仕上がりは、素晴らしい物なので、映画を観た方にも、まだ観ていない方にも、お薦めです。

ジブリ側もセシル・コルベルの起用は大成功だったと思います。
世界のジブリとして、意識しての結果でもあると思います。


日本語、英語の歌詞はありますが、通常のケルティック音楽の通り、サロンのBGMとして使用させて頂こうかなと考えてます。





さて、映画の評価ですが・・・


まず、原作の「床下のこびとたち / メアリー・ノートン」 とは、別物として考えて映画をご覧になってください(笑)

時代設定も、舞台設定も異なり、この原作にインスパイアされている状態として、考えていただければと思います。


調布市民として、また、元三鷹市民として、こんなに嬉しい映画はなかったかも・・・
というぐらい、舞台設定は嵌りました。


スタジオジブリを小金井市に構え、ジブリ美術館を三鷹に構え・・・・

近辺のロケーションに影響を受けているのは、私的解釈ですが、想像しやすいです。

玉川上水近辺のひっそりとたたずむ住宅街、特に古くからある住宅にありそうな、この家と庭。

野川にも見えてくるロケーションの一部。

なんだか、自分が小さい小人になって、この数年歩いていた場所に居るような気持ちにさせてもらえた映画でした。

ちょっとした、アトラクション的な気分。こういう愉しみ方としては、映画館で観た方が良いかもですね。




原作のメアリー・ノートンの小人たちシリーズは、小学校の図書館で借りて読んだ記憶があるのですが、詳細や大筋のストーリーまでも、すっかり抜けてしまっています。

ただ、覚えているのは・・・変な影響でしょうけれども・・・

『銀曜日のおとぎばなし / 萩岩 睦美 』 を観た時、この小人たちシリーズ を、2次元に表現してくれたと感動したことだけ覚えています。

萩岩 睦美 さんも、少なからず、小人たちシリーズにインスパイアされて、この漫画を作ったと想像いたします。

後にこの漫画に出てくる、ロンドンの姿に影響受けて、渡英するきっかけの一つとなっている私がいるのですけどね^^;

自分の無意識の中での、影響力って本当に大きいと今となって知る自分がいます。


子供ももちろん、大人も十分愉しめる映画と思います。

私的にウケたのは、樹木希林 の ハルさん 役があまりにも嵌っていたので。
さすが名女優です^^




番外・・・

映画が始まる前に・・・

なぜか、ザビ家族と私が、周りに居る子供たちの注目の的になっていたのは・・・

4人で同世代の子供のようにはしゃいで、戯れているのが愉しそうにしていて、仲間になりたかったのでしょうか?(親子が多かったのですが、親御さんは、親御さんらしくピシッとしていて、子供たちも比較的映画館内で大人しくしなさいと躾られているような、皆しっかりしたお子さんたちばかり、でも、なんだか羨ましく私たちを見つめる眼があったのは・・・)



じつは・・・コレかも・・・

e0148597_322618.jpg


e0148597_3223518.jpg


クリスピー・クリーム・ドーナッツが、映画館の下に入っていたので、ザビと即決で即買いでした^^;

映画館にドーナッツ持ち込むって、アメリカンな感じで良いねと。
でも、抹茶づくしは、日本的で不思議な感覚がまた面白いと。

美味しそうーに見えて、注目を浴びていたのかもしれません。

ええぇ。大変おいしゅうございました^^

Relaxation Salon Skye の HP 




足跡代わりに1日1回ワンクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

もうひとつもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2010-07-27 23:58 | スコットランド
<< 生命の連鎖と伝統文化と敬意を持って | ページトップ | 盛り上がりましたよ ~ 調布の... >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin