Top
韓国食材2 -嵌るので要注意です!ケンニップ-
e0148597_20331382.jpg


9月上旬に友人と訪れた韓国食材屋

そこで見つけた旬の韓国らしい食材・・・ えごま です。

シソ科の植物で、大葉と形態はよく似ていますが、少しごつごつした感じ、香りも大葉とは違う独特な香りがあります。サムギョプサルで生で巻き巻きしても私は大好きですが、ちょっと苦手という方もいらっしゃるかも・・

とはいえ、栄養価が非常に高いと注目され、一時はえごまの油が市場から消えたことも記憶に新しいはず。(エゴマの実から絞る油に含まれる必須脂肪酸であるαーリノレン酸の優秀性から、「太らない食用油としてのエゴマ油」として扱われました。アルファリノレン酸は人間が体内で作ることのできない必須脂肪酸で、体内でEPA・DHAという脂肪酸に変換され、健康維持に大切な働きを持つそうです)

鉄分を非常に多く含むえごまの葉、ホウレン草の2倍も有り、解毒作用もあるとか。


旬な時であったせいか、1束280円で入手したえごまの葉、数えてみると45枚ほど。


せっかくだからと、美味しく長持ちする食べ方を調べたところ・・・・


ケンニップという、醤油漬けがあるようです。
作り方も家庭それぞれの方法やレシピがあるようで・・・気になるところとある材料で賄ってみました。

材料(いつも通り適当で申し訳ありませんが)

* えごまの葉 : 45枚
* 醤油 : 100ml
* 酒(みりん) : 50ml
* 生ニンニク : 2粒
* 長葱 : 1/2
* 白ゴマ : 大匙1杯
* コチュジャン : 大匙1杯



1.醤油 酒(みりん)を鍋でひと煮立ちさせ、アルコールを飛ばす(沸騰させない程度に)

2.粗熱を取っている間に、えごまの葉を洗い、一枚一枚丁寧に水分をふき取る(此処が一番大事)

3.生ニンニク、長葱、白ゴマをハンドミキサーでみじん切り(包丁でも可)

4.粗熱が取れた先ほどの醤油と酒に、コチュジャンを混ぜ、3を混ぜる

5.一枚一枚丁寧に4をえごまに塗って重ねていく(上記写真参照)

6.ラップで空気を入れないように蓋をし、臭わないよう冷蔵庫に保管

翌日から美味しく頂けます。


食べ方は、熱々のごはんにえごまの葉を撒きながら(海苔のように)食べても良いでしょうし、韓国ノリ巻きのグザイに使われても良いでしょうし。


私のお気に入りは・・・


e0148597_2114034.jpg



おにぎり^^ 握った白米(玄米ですが)に、一枚ずつ表に海苔のように巻いてあげるだけで、具材を入れずとも、ピリ辛の美味しいおにぎりができます。


ちょこちょこ食べたい時、これを食べると止まらない^^;
ただし、私の場合、にんにくと葱の匂いが気になるので、施術前は食べれませんが・・・

かなーり、今嵌って独り占め状態で美味しく頂いてます。

通常冷蔵は2週間。冷凍すると結構持つようです。大量に作られた時には小分けにして冷凍保存しても良いかもですね。


Relaxation Salon Skye の HP 



足跡代わりに1日1回ワンクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ


もうひとつもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2010-09-29 21:05 | 食べ物
<< Wマスクホワイトニングコース ... | ページトップ | 10月お休みのお知らせ >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin