Top
秋の季節を感じるイベントと食 & ギリギリのラインでの施術
e0148597_15382729.jpg



        こ ろ こ ろ ・・・



                   コ ロ コ ロ ・・・


                                  
                                   ko ro ko ro  ・・・




e0148597_15403348.jpg




おむすび ころりん すってんてん じゃなくて(苦笑


ザビから秦野の直売所で分けてもらった、初物の栗^-^


さーて、なににしましょうか・・・ 栗ご飯、栗きんとん・・・と悩みましたが、あまりにも型のよい栗でしたので、



e0148597_1543565.jpg



3日ほどかけまして、じっくり、ゆっくりと


渋皮煮に^-^ 醤油は入れずに、ブランデーと蜂蜜で、ほろほろ甘さと香りが拡がります。


e0148597_15442634.jpg







さーて、お土産にちょこっと持って参りましょう・・・


e0148597_1753017.jpg



と・・出かけた日は、中秋の名月


ザビと前夜、「お月見ぱーちぃーでもやりますかぁー」と、話しが盛り上がったのはいいものの。

じつは、例年通りの月見団子を作ろうとして、材料を買い揃えた直後でしたwww


まぁ、そんな絶妙なタイミングで(苦笑


仕事を終え、団子の材料と先日のジェノベーゼ も持って ザビのお家に訪問いたしました。


向かう道中のお月さんは、明るく優しく、時折り雲に隠れながら照らしてくれます。


着いて早々、娘っちの手作り夕御飯を御馳走になり^-^
(美味しかったー^-^ ありがとう)

作り始めた、月見団子

子供たちが簡単にできるよう、お手軽に^-^

団子粉に、豆腐を水分の具合を見ながら練り練り。

形を整えて、沸騰するお湯にくぐらせるだけ^-^

上記は、桃の風味の白玉粉の団子


e0148597_17484131.jpg



こちらは、ノーマルの白玉粉 同じ白玉粉のにこちらの方がつやつや、もちもち度が高いのは何故でしょうねぇ。


もうⅠ種、普通のうるち米粉と餅粉の混ぜ合わせた、団子粉を^-^


初めは丸めることに集中していた子供たちも、創作意欲が上がってきて、工作タイムとなりました♪


ワイワイガヤガヤ作る、お月見ぱーちぃーも愉しい^-^

出来上がった、月見団子をベランダに持って行って皆で見るお月さま。



6年ぶりに向かえる、旧盆の中秋の名月。

なんだか、とても月のパワーを感じます。


陰のパワーとも例えられる、月のパワー

一番月と地球が近づきそれぞれの、引力によって引っ張り合う日なので、

何か見えないパワーを感じても当たり前なのかも^m^


妖しくも、柔らかい月明かりを届けてくれる月光は、癒しのパワーも感じます。

アロマテラピーの学校では、校長の宮川先生は太陽の癒し、中安先生は月の癒しと 例えられましたが、

さぁて、私はどちらの癒しのセラピストとなったでしょう。

蟹座の私としては、月との関係が密にあるようなので、月の優しい癒しパワーのようでありたいかな?

ウフフっ。今度、お客様にアンケートとして、伺っても良いですね^-^


そんなことを考えつつ子供たちと見た、お月見でした♪



e0148597_17581995.jpg



お月さんには、沢山団子を食べていたということで、

私たちの試食タイム♪


きなこ、餡子、みたらし、 そして、 ザビは 先日の プラートさんの抹茶アイスクリーム を お持ち帰りしていたので、これも^m^


団子にトッピング♪


何も乗せていないプレーンもモチモチで美味しいのですが、

それぞれ、わいわい皆でトッピング♪


たっぷり、贅沢に乗せて作りたての団子を頂くのは至福のひと時です^-^


Ⅰ種ずつ、愉しむのも良いのですが、写真の通り、全乗せが一番おいしー^-^


お腹がポンポコリンになるまで、しっかり頂きました♪


ごちそうさま♪






さて、夜も更けて、大人のまったりとした時間ともなり、

今回こちらに来た大きな理由は、

実はお見舞いでした。


外国からの引っ越し準備、子供たちの学校の引き上げ、


渡航


そして、帰国と共に引っ越しの荷物の受け取り、片付け、それぞれの役所の手続き等々


めまぐるしい中動き続けてきた、ザビも疲れのピーク

この猛暑の中良く頑張りました。


子供たちも学校に通い、黙々と片付け等々処理を行う中、緊張は解けるとともに疲れが出てきます。


疲れは弱いところに来るもので、彼女の場合 歯に来ました。


週明けの当日歯医者に行くまでの、歯の痛みは相当なものであったに違いありません。

私が逢えた時には、歯医者に行って、抗生物質と痛みどめの薬を処方して貰って、服用していたので
落ちついていたものの、疲れはまだまだ。


帰国をしてから、施術をする暇もなく、アクティブに動き続けていたので、

限界だったのでしょうね。 しっかり、施術をして、疲れを取りたいものの、炎症がある時には血行を促す事はNGです。


でも、ちょっと ギリギリのところでということで、

末梢神経の一番遠い、リフレクソロジーをピンポイントで施術を行いました。

足裏だけ。 ふくらはぎは血行を促すので行いません。

(もちろん、ザビから承諾を頂いてから施術を行っております)



大体想像つくところは、やはり、痛みを伴い硬さは思う通り。

様子を見ながら、じっくりじわじわと入れていきます。


ごめんよー><と思いつつも、ほぐすポイントはしっかりと入れさせていただきました。


そもそも、リフレクソロジーの発祥は野戦病院。麻酔が無い状態での反射区を押しながら手術を行うと局部の痛みが減るということから、始まった物。


そして、台湾では病院の入院先に出張でリフレクソロジストを呼ぶほど、病気と密接な関係


ウロ覚えなのですが、日本では歯医者にリフレが付いているクリニックをTVの報道で観たこともあります。


とはいえ、禁忌事項の中に、炎症、発熱のある方は、NGとして基本ありますので、

ザビへの施術は、本当にピンポイントで。


ちょっとでも、この数日の間熟睡して、疲れをとる夜を迎えればと思いました。



炎症がひいたら、施術をがっつり行うので、来なさーいっ ねっ^-^

それまでは、動きたいだろうけれど、安静に。

やるべきポイントはしっかり動いて、無理せずに。 お願いいたします。 以上、私信でした。ww




Relaxation Salon Skye の HP 



足跡代わりに1日1回ワンクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

もうひとつもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2011-09-14 16:34 | reflexology
<< 緊急時の肌トラブルのレスキューに  | ページトップ | 秋の夜長に & マタニティ、 ... >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin