Top
香りは、記憶を引き出し 相乗効果を上げ 更に世界を広げます
e0148597_0445192.jpg



今年は本当に台風が多い><

沖縄本島も停電が50-60時間なんてことも続く程の台風17号


東京は大きな被害は少ないようですが、台風の影響で今晩のような集中豪雨

土砂崩れも心配ですので、十分気を付けられてください


10月に入ったというのに、この台風の影響で日中暑い日が続いています。

施術中、いつもはこの時期ですと空調の事を気にせず丁度良いのですが、そのつもりで施術を行いますと、

体幹の汗はもとより、二の腕に玉の汗を掻くこともしばしば^-^;;; 

再び、首周りにフェイスタオルを巻いて施術してますww 汗がお客様に落ちる事は絶対にNGなので^-^;;;



お客様たちも風邪気味の方が多いです。この気温差ですものね。

長い暑い夏の疲れが出てきているというのに、またこの暑さ。そして、夜の寒さ。身体は悲鳴を上げているサインです。

早目に治されることに集中されてください。この時期の風邪は長引くと、冬の過ごし方が変わってしまうので。








今週はずっとアロマトリートメント週となっていますw 

なぜか、同じメニューが続くと言うジンクスがあるSkyeですw


いつもは、血流流し系の香を選ぶお客様も、今回選ぶ香は呼吸器系

* 乳香

* ユーカリ ラディアタ

* ローレル (唯一これだけですね、血流流し系ww 胃腸機能回復、鎮痛作用)

上記2つの精油は、呼吸器の機能を回復させる作用を持つ代表精油です。

来られる前から「風邪がちょっと・・・」と申され、施術初め頃は咳が続いていたのですが、

足元から背中に切り替わり、香が鼻に届いたころ、咳が楽なられたようでした^-^ 良かったw

早目に治られること祈っています




e0148597_4233493.gif




今日はとても興味あるお客様に施術をすることができて、アロマセラピスト冥利についた日でした。


「精油をきちんと選んで受けるオイルトリートメントは、10年ぶりぐらい」 と 仰るお客様


いつもは、リフレを受けられて、今回Skyeで初めてのアロマトリートメントを受けられることを楽しみにされておりました。


施術中様々なお話をすることがSkyeの大きな特徴ですが、リフレもしかり。

といいますか、リフレが一番お話をされるかも

そんな中でのこのお方とお話をすることが私自身とても愉しく展開するので、いつも愉しい時間を過ごさせていただいておりました。

ご旅行がお好きで、特にネパールに魅せられていらっしゃったお客様

食べる事だーいすき❤ (Skyeに来られる方は皆グルメな方が多いですww)

ネパールに魅せられるだけあって、特にハーブやスパイスの事を学ばれたことはないのですが、とてもお詳しいのです。

以前、バジルの香を嗅がれて、「あっ、カレー屋さんを思い出す」とwww

なんとなく、バジルってイタリアン的な思考が先に立つと思うのですが、このお方は カレーなのです^-^

そうです^-^ バジルは 欧州はもちろんですが、インド、東南アジア、中国でも重要なハーブとして料理、薬にと使われています。

とても、鼻の利く方で 御香を焚いていた残り香、精油の僅かな残り香も 「良い香だわ~」と分かっていただけます。


「私食いしん坊なだけよ」と仰るのですが、これほどまでに食と香を連動させて下さる方に出会ったのは初めてかも^-^と思うばかりの反応の良さです。

もちろん、アロマセラピストたちでは普通の反応なのですが、香育はある程度訓練と知識が必要です。

彼女は、ご自身の経験からの反応が強く、いつも驚かされています。

私自身は、アロマを学んでからスパイスやハーブへの関心を強く持ち、料理や食べ物としてのリンクを作っていくことが出来ましたが、彼女は逆のルートを辿っているかのようで本当に面白いです。

彼女もそのこと自体を都度施術を受けられる際、愉しみに来られているのが伝わってきます。


さて、本日選んでくださった精油たちは・・・・


* 投薬

* 乳香

* ジュニパーベリー

* アニスシード


まぁ、なんて 個性派揃いの精油たちでしょう


投薬 / ミルラ を選ぶお客様は、ホントにごくわずかw

ミルラ自体の作用をご存じの方でないと、まず日本人の中の反応はあまり良くないイメージがあります。


大変気に入られて、まず、驚き。


乳香、ジュニパーベリーは、皆さん人気の香。

そして、アニスシードも独特のハーブの香りなので、好き嫌いがはっきりと分かれます。


アニスも、欧州、中東では元は薬として使われ、今ではお菓子や薬草酒、料理にはカレーやチャウダーにももちろん使われます。

馴染みがないとなかなかとっつきにくい香のひとつかもしれません。

やはり、それがお好きとなると、食されたり、訪れた場所、国の中で普通に鼻をくすぐる香として、アニスも、ミルラも彼女は経験してきたのでしょうね。

お話を伺っていて、そう感じました。

エジプトにも訪れたことがあると仰ってましたし、市場を歩けばこれらの香に遭遇することは確実です。


これに、私がナツメグの精油を持っていたら、確実にエジプトや中近東の世界にとっぷり浸かることができそうな香たちです。

中近東のハレムの女性たちが香油で身を清めているような空想が勝手に出てきましたw
(千夜一夜やトルコのトプカプ宮殿のような、宮廷で女性を侍らせるだけでなく 《日本では大奥、中国・朝鮮王朝では後宮として同じシステムが有るわけで、歴史的にそういった大きな勢力を統治するための必要なシステムとその中での文化発達には、これらハーブ、スパイスは薬として切っても切れない物です)


私は中東、アジア圏はまだ未開の土地と国々。

でも、イギリスの植民地時代の名残として、中東、アジア圏の方々が住んでいる地域には、日本食恋しさに食材を求めたり、国々の独特な食を求めに行ったりした記憶と体験があるためか、なんとなくこれらの香を嗅ぐと懐かしい感覚が出てきたりします。もっともっと、経験していたら アロマの世界もっともっと広がっていくのだろうなぁと今も機会があれば愉しみたいですね。


彼女にはそういった、経験が、体験や食した記憶の中から、香の記憶を引き出しているのでしょうと

その時々の記憶のエピソードを伺うことが私の刺激ともなります。彼女も思い出していることと今嗅いでいる香をリンクさせて愉しんでいたかのようです。



彼女は、他の香りをこれ以上嗅ぐと全部を受け入れすぎて、どれを選んでよいか分からなくなってしまうそうですから、徐々に次の愉しみとして味わっていきたいとのことでしたw

私も次回彼女がどのように反応されていくかを楽しみにしております^-^


TOPの写真は、エジプトの国花 「睡蓮」



e0148597_4255649.gif



ちなみに、乳香も投薬も キリストが生まれたときにやってきた 3人の賢者が 黄金と共に3つの贈り物として贈られていることで有名でも有り、エジプトではミイラを創る際に必須な品々。

更に、投薬と和名がついたのは、仏教用語から。 
ブッダが、沙羅双樹の樹の元で 入滅/涅槃に入る時、天の摩耶夫人が駆けつけ、薬を届けようと、天上からお釈迦様めがけて薬を投げました。薬は届かず、沙羅双樹の枝に引っかかってしまったのですが、この薬がミルラこと投薬と云われていることから、名前の由来があります

乳香も勿論 仏教と関連が深く、
日本へは754年、唐の僧侶、鑑真が仏教儀式の薫香用に伝えたといわれています。
「法華経」の中には、「薫陸香(くんろうんこう)」として登場しています。


ジュニパーベリーは、お酒のジンの香りづけにつかわれており、ボンペイサファイアの事を思い出した彼女に、このボトルを出したら 感激されていたご様子でした^-^
薬草酒以外にも、古くより薫香や宗教的儀式に用いられてきました。
古代ギリシアではジュニパー・ベリーを燃やして葬儀の際の悪霊よけとし、根の部分を 冥府の神ハーデスへの供物として焚いたと言われています。

旧約聖書の中では、疲れきった預言者エリヤがジュニパーの木の元で眠ったという一文が残されており、古代より魔よけとして、葉や小枝を薫香として焚いていたことで知られています。

15~16世紀ごろは虫さされのオイルとして知られていました。
 防腐作用を持つとされ、15世紀から16世紀の間では、コレラ、腸チフス等の感染病から守るために
 使われてきた歴史を持ちます。(当時はまだ病原菌は発見されておらず、伝染病も魔がとりつくことと考えていたので魔よけとして使われていた物が結果殺菌となったわけです)

フランスの病院では、ジュニパーの葉や枝を焚くことよって、解き放たれる精油の殺菌作用で空気を浄化し、伝染病の予防に大きな役目を果たしていたといわれています。



アニスシードも語ると語りきれないほどの話がたくさんありますが・・・

此処でちょっと、力尽きました^-^;;; 後ほど、追加いたします

Skye 5周年 キャンペーン 



e0148597_6363143.gif 第三弾 !!  Wマスクホワイトニングコース +背中スクラブ + 背中トリートメント = ¥13,650.-



Relaxation Salon Skye の HP 


☆ ご新規のお方は ↑ HPのお問い合わせメールフォームより受け付けております

足跡代わりに1日1回ワンクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ

もうひとつもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2012-10-04 23:55 | aroma
<< 明日は 第30回 日本スコット... | ページトップ | ルイのおすまし  >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin