Top
カテゴリ:その他( 6 )
Top▲ |
DIVAへ
e0148597_16391230.jpg



ホイットニー ヒューストンの突然の訃報に、ただただ 驚くばかりで、

私の洋楽史において、彼女抜きでは考えられないほど、自分の中で世界を広げる存在の方でした。



本当に本当にショックです。


ここ数年、ドラッグとアルコール依存症と戦い続けていた彼女は、

同じ依存症の方々への励みにもなったでしょうし、
陥りそうな人々への防止のアピールとなればと立ち直りを心より祈っていました。


彼女の歌声はDIVAそのものであり、D.Rossに継ぐ人であると信じています。




いつも元気を貰っていた彼女の歌声

歌詞は切ない女性の思いが募った物ばかり、
素敵な言葉の粒に彼女のpowerfulでsweetな歌声が乗れば、最上の心地にさせてもらっていました。

真っ赤なバラは彼女へのイメージ。

ハートの蝋燭に炎を点けて貰っていました。




心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2012-02-12 17:04 | その他
お知らせ 
いつもご利用いただいており、ブログリンクもして頂いております、お客様のかおりんさま、昨日2冊目の本を出版されました!


八木式水中ウォーキングプールでやせる!―理想の体型・健康体へまっしぐら! 水の持つ効果で健康エクササイズ (単行本)



ご活躍が益々見受けられるようになりまして、本当にお忙しい日々を過ごされています。
先日もご予約して頂いたのに、お忙しくご都合が合わなくて残念でした。
どうか、ご自愛されるお時間も取られてくださいね。

私は予約しているのですが、まだ届いておりません。今日かしら?
愉しみですよ~♪

足跡代りに、ポチっとお願いします。いつもありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2009-07-11 10:59 | その他
答えと その歌詞の意味
加藤登紀子渋すぎましたね^^;
THE BOOM、 夏川りみ 等など歌われている曲は、「島唄」
この島唄の歌詞の冒頭から、じわ~っとくる花の名前が

 ♪ でいごの花が咲き 風を呼び嵐がきた
  でいごが咲き乱れ 風を呼び嵐がきた
 繰り返す悲しみは 島渡る波の様 ♪



この「デイゴ/この種はアメリカデイゴ」

e0148597_23485586.jpg


他の種として、日本で栽培されているのが、「ヒシバデイゴ/サンゴシトウ」

e0148597_2351094.jpg


沖縄に何度も渡っているのに、デイゴの花を見たことがないので、どの種が唄に起用されたかはわかりませんが・・・私も昨日この花を実物で見て、あまりの赤さに驚きました。ハイビスカスも赤があったりと華やかなイメージの南国の花としか思っていなかったのです。

しかし、今日詳細を調べていくうちにこの「島唄」の歌詞にウラの意味があるということを知りました。

『島唄』

でいごの花が咲き 風を呼び嵐がきた
災厄を告げると言うでいごの花が咲き 沖縄県にアメリカ軍がやってきた

でいごが咲き乱れ 風を呼び嵐がきた
花は咲き乱れ アメリカ軍の攻撃は続いた
繰り返す悲しみは 島渡る波の様
寄せては引く波のように 沖縄県への攻撃は繰り返される

ウージの森で あなたと出逢い
ウージの下で 千代にさよなら
サトウキビ畑で あなたと出逢い
サトウキビ畑の下の洞窟で 永遠の別れをした


島唄よ風に乗り 鳥とともに海を渡れ
島唄よ風に乗り 亡くなった人の魂とともに海を渡れ
島唄よ風に乗り 届けておくれ 私の涙
島唄よ風に乗り 本土に伝えておくれ 沖縄の悲哀を

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ
沖縄県はほとんどが破壊され 日本兵と沖縄県の人たちの抵抗は少なくなっていった

ささやかな幸せは うたかたの波の花
幸せな日々の生活は はかなく消え去った

ウージの森で 歌った友よ
ウージの下で 八千代の別れ
サトウキビ畑で 歌いあったあの人は
沖縄県の洞窟で 永遠の別れとなった


島唄よ風に乗り 鳥とともに海を渡れ
島の歌よ風に乗って 魂と共に海を越えて

島唄よ風に乗り 届けておくれ 私の愛を
沖縄民謡よ風に乗ってニライカナイ(天国)へ 届けておくれ天国のあの人に 私の愛を

海よ宇宙よ 神よ命よ
このまま永久に 夕凪を
海よ宇宙よ 神よいのちよ
このまま永久に 平和を


島唄よ風に乗り 鳥とともに海を渡れ
島唄よ風に乗り 亡くなった人の魂とともに海を渡れ
島唄よ風に乗り 届けておくれ 私の涙
島唄よ風に乗り 本土に伝えておくれ 沖縄の悲哀を
島唄よ風に乗り 鳥とともに海を渡れ
島の歌よ風に乗って 魂と共に海を越えて
島唄よ風に乗り 届けておくれ 私の愛を
沖縄民謡よ風に乗ってニライカナイ(天国)へ 届けておくれ天国のあの人に 私の愛を






日本でも沖縄民謡(本当の?島唄)を象徴する曲となり、この唄に心打たれたアルゼンチンのアフフレッド・カセーロが日本語のままカバーしてリリースされ、10万枚のヒットを呼び、また、このムーブメントがこの曲を作曲・作詞・ヴォーカルの宮沢和史がワールドツアーに動いていくのは、この唄の美しさ、歌詞の意味を理解してもらいたくということが本意なのでしょう。

以前、TV番組でポーランドでの日本の曲と言えば「島唄!!」とオンエアされていたのですが、
宮沢和史がツアー中を映していて、なぜ?「島唄」??と考えていたのですが、宮沢和史の本意がポーランドの苦い歴史と沿っての反応であって欲しいと望むばかりですが、この番組のオンエアではここまでは放送されて無かったのです。(まぁ、オンエアするにも難しいところですが)
ツアーの記録は彼のブログで。(リンク先はポーランドライブの状況)


沖縄実は4度渡っている経験がありますが、極力訳あって戦没者記念の関連は訪れていません。
とはいえ、座間味島は米軍日本初上陸の地。私はこの島が大好きです。2年前には両親も連れて行きました。
海の美しさと島の人は本当に良い人ばかり、余裕のない自分がちっぽけに見えます。
集団自害されたご家族の方も皆さん身近にいらっしゃるのを直接お話には出しませんが、ちょこちょこゆんたくに集まる島の人たちからの話から当時のお話も伺うこともありました。

どうか、全ての世界に平和が訪れることを願うばかりです。

昨日デイゴの花を見つけて喜々揚々と軽率にブログに掲載してしまいましたが、皆さまにも本意が理解できればと思います。

足跡代りに、ポチっとお願いします。いつもありがとうございます。
人気ブログランキングへ
 

本編明日より掲載させていただきます。
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2009-06-20 23:55 | その他
早いもので師走
ホントにあっという間の1年でした。

もう、師走なんですね。

あちゃ~。何もしていない。

ちょっとずつ大掃除していかないとっ。引っ越しで捨てるものは捨ててきたはずなのに、
まだまだ、捨てられるものありそうです。

物が少ない国の人たちには申し訳ないのですが、
どうも物が多すぎて良くないと自分に反省。

12月の目標はこれですね。

       「お部屋をすっきりっ。」


さて、Relaxation Salon Skye は、明日、明後日と 研修日のためお休みです。

アンネマリーボーリンドの、研修びっちり2日間行ってまいりますっ。

今回の研修で、皆さんに解り易く納得のいく説明が私にできるようになれればよいのですが。

頑張って行ってきまーす。

足跡代りに、ポチっと押してください。また、コメントもぜひぜひ残してくださいね
人気ブログランキングへ
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2008-12-01 23:50 | その他
母がやってきて
10日の月曜からバタバタやっていましたが、
なんとか、平穏な空気が戻りました。


母が泊りに来るため、お布団用意したり、
チェック対象になりそうな物を片づけたり(笑)と、
落ち着かなかった午前中でしたが・・・更に、

ケーブル会社のJ:COMから、工事が入ったりと
予想外な事もあり、工事が入ったと思えば、
工事スタッフがLANケーブル抜いたまま、退出してしまったので、
ネットが繋がらないっと焦ったり(本当に一時はどうなるかと思った)
なんとなく落ち着かないまま母を迎えてしまいました。

母とお茶を飲みつつ互いの近況を確認後、

いざ施術へと、モデルをお願いしました。

実家を離れてからアロマの世界に飛び込んだため、
滅多に逢えず、両親に施術ができないので、貴重なチャンス。

先月日帰りで、遊びに来た時もボディトリートメントを行ったところ、
帰りの身体の軽さを実感して、今回は泊りでとなりました。

今回は新メニュー企画中のモデル。
あまりの変化に私も母自身も驚きました!!

before after の写真を残しておけばよかった><

とにもかくにも
ご満足いただいた様子です。


施術を終えて、片付けもそこそこにして、
夕飯を作り、お腹いっぱいにして、
お腹が落ち着く頃には、くつろぎながらリフレ30分。
フロアに座りながらなので、軽くですが、足の浮腫みは減った様子。
祖母からの遺伝なのか、便秘がち。
施術を受けて貰っている最中にお腹がグルグル。
リフレを受けると、1週間は便通が毎日ある様子です。
本当は1週間に1度はリフレを受けてほしいのが私の本音。

まだまだ、お腹はこなれてないのですが、
入浴してもらい、お楽しみのzellerのチーズケーキとカモマイルティでブレイクに。

e0148597_0421510.jpg



e0148597_039124.jpg


チーズ濃厚です。真夜中のおやつにはとても危険です。
幸いにしてまだ、お腹いっぱいだったので、1切れずつ二人とも満足できました。(ほっ)

まだ、しっかりあるので、この2日間ぐらいに御来客頂ければ、
もれなく、zellerのチーズケーキが召しあがれるはずですよ。^^

身体もぽかぽかで、気持もぽかぽかで、
寝床に入り、母はいつも眠りが浅いようなのですが、
今朝までゆっくり眠ることができたようです。



翌朝、コーヒー、ライ麦パン、いちじくジャム入りのヨーグルトで軽く朝食。

出かける準備を進めていたところへ、
前の記事をUPした、「癒しの仲間たち」が届けられました。
開けてびっくりです。母も皆にこうして祝って頂く事が嬉しい様子でした。
本当にありがとうございます。

10日も冷え込みましたが、11日の昼間もなかなか気温が上がらなかったですよね。
12月上旬の気温。二人とも冷えは禁物のため、首回り、腰、足首を冷やさないように
しっかりガードして外出しましたが、手袋が必要な程でしたね。寒かった~。

近くを散策しながら、気になるビッフェタイプのレストランで、
お寿司、焼き肉、デザートとたっぷり楽しみました。
基本メニュー数も少なく、すごく美味しいとは言えませんでしたが、
女性でのランチぐらいにはちょうど良いぐらいかも。
11時半の開店直後に3番目に入店しましたが、12時過ぎる頃には平日なのに満席に。
驚きました。やっぱり女性ばかりでしたが。

お腹がはち切れそうになりがら、
目指すは多摩川へ。
途中交通量の多い道路も歩いたので、普段あまり歩かない母に気をかけながら、
多摩川に到着して小休憩。

便秘も筋力の衰えによっての代謝の落ちも関与するのが原因とも思われます。
週に2,3度、天気の良い日には散歩か、近くの温水プールに週1度は通う事を
注意しておきましたが、どうか、実行してくれますように。
これから、どんどん落ちていく体力を残しておいてほしいと切に願います。

多摩川の土手をゆっくりと歩きながら、
桜の葉の紅さ、銀杏の葉の黄色さの変化に驚き、
河川には冬の鳥たちが北国からやってきた様子。
群れて飛ぶ鳥たちを見ながら和み。
ノラの猫を茶化したり、散歩中にはしゃぐ犬たちを可愛いと言いながら、
冷えていた身体がゆっくりと温まっていくのを感じ取ってました。

ちょっと、下品な話になるかと思いますが・・・
歩いていて、代謝が上がり内臓に血液が送り込まれたのでしょうね。
母は、トイレに行きたくなった様子です。
なんとか、家まで間に合った様子。


これできっと、歩くことの大切さを実感してもらえばと思います。


落ち着いてから、ボディトリートメント90分を受け、
大急ぎで実家に帰って行きました。
これから、母として夕食を作る時間に間に合うように。

何十年も父を支え、子供である私と兄弟を育てて、
自分を放っておいた母。

私のサロンに月1度来るのが楽しみなった様子です。
なかなか、上げ膳据え膳の環境になることはないでしょうから(笑)
彼女も定期的に来る事を約束しました。
そして、私も月に1度は難しいかもですが、実家に顔を出したいと思います。


私的には、母が帰った後、
ぴゃ~と共に倒れてましたが・・・ぴゃ~も母に接客メイ一杯してくれていたので、
疲れたのでしょうね。

私も、なんだか、母への施術と食事の管理と日常生活指導と
専属のカウンセラーになった気分でした。^^;


足跡代りに、ポチっと押してください。また、コメントもぜひぜひ残してくださいね
人気ブログランキングへ
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2008-11-12 01:14 | その他
Guy Fawkes Day - ガイフォークス デイ
ハロウィンが終わると、
11/5は イギリスではガイフォークス デイの準備で、
街は賑やかになっているかと思います。

この日のイベントはつい最近まで、イギリス以外は???という感じでしたが、
2006年のマトリックスで一躍有名になった、ウォシャオスキー兄弟が作った映画
V フォー ヴェンデッタで、少しはこういうイベントがあるのかな?ぐらいは理解できた方もいらっしゃったでしょう。

実際の歴史的から由来するイベントで、

1603年にエリザベス一世が跡継ぎを残さないまま崩御し、
スコットランドのメアリー女王の息子である「スコットランド王ジェームズ六世」が、
「イングランド王ジェームズ一世」としてイングランドとスコットランド両方を治めることになりました。

カトリック教徒の間で、自分たちをを弾圧するジェームズへの不満が高まり、
国王を暗殺しようという計略が持ち上がります。
それがガイ・フォークスを含む13人のカトリック教徒による
陰謀「Gunpowder treason Plot」です。

ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)を開会式の日に爆破することによって、
劇的なかたちで国王ジェームズ一世と国会議員たちを亡きものにしようと企みます。

11月5日未明に36樽の火薬の点火係として地下室に潜んでいた
ガイ・フォークスが発見され、その場で逮捕されます。

翌年の1605年1月31日にガイフォークスは、極刑で処刑されます。


マザーグースにも残っている程。

Please to remember
The Fifth of November,
Gunpowder treason and plot;
I see no reason
Why gunpowder treason
Should ever be forgot.

どのように歌われるかは聞いたことがないので、
知っている方いたら教えてください(笑)

この事件に因み、毎年11月5日の夜、
小学校の校庭の1部などを利用して、落ち葉や薪が集められ、
私がいたころまではまだやっていたのですが、
子供たちが自作のガイ人形を持って近所を回り、
「A penny for the Guy!(ガイ人形の為に1ペニー頂戴!)」と言って
祭りに備える為のお金を募っていまし。
募ったお金を別に使ってしまったりとあまり良くないとされたのでしょうか?
現在ではその風習は廃れ、今日では僅かに一部の地域でのみ見られるに到ったようです。

現在では、主に篝火と打ち上げ花火を楽しむイベントとなっているようです。


ガイフォークスの前の週末に、
ホームステイしていた家では、夏の間に茂った余分な庭の枝を切り落とし、
落ち葉を集め、ガイフォークスの篝火の場に集めていました。

一通り、作業を終えた後、庭で休んでいた私たち、
生垣を越すと大きな通りになるのですが、
その前を爆音が・・・・・

なんだろうと思うと、レースを終えた車たちが今晩の宿泊所ホテルに帰るため、
何十台のレースカーが通り過ぎ去っていきました。

ボー然と見ていた私を横目にファミリーやご近所さんたちは毎年の事とニコニコ。
WRC GB
であった模様。
後年サライネスの大阪豆ごはんでファンになった、
ユハ カンクネンは、その時最盛期だったんですよねーーー。

絶対生で通ってたはず。あぁ~もったいない。

話が違うところへ飛んでますが、後日近くのパブリックスクールの篝火を
凍える霧の中見に行きましたよ。花火も!!
騒ぎに慌てて逃げ去ったキツネが印象に残ってます。

足跡代りに、ポチっと押してください。また、コメントもぜひぜひ残してくださいね
人気ブログランキングへ
[PR]
Top▲ | by kikuamrus | 2008-11-03 23:54 | その他
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin